categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryザッハトルテ

ザッハトルテ

trackback0  comment0
1番の好物ザッハトルテ(・:゚д゚:・)ハァハァ

demeru01.jpg


ザッハトルテ カテゴリー
記念すべき 第1回掲載は

ザッハトルテに 纏わるお話をしましょう(´ε` )

オーストリアのウィーンで生まれた

チョコレートケーキの正統派(-ω☆)





ナガイウンチク↓(´▽`)

オーストリアは
ドイツと同じ ゲルマン系民族の国であり
スラブ系の東ヨーロッパ ともお隣さん。

ハプスブルグ家の時代には
ヨーロッパを 支配するぐらい 凄かったワケですョ!

その時代のウィーンを中心とする
宮廷文化の繁栄は贅を極め
お菓子文化にも大きく貢献したんですねぇ~(笑)


そして!ザッハトルテと言えば甘い戦争!!


オーストリア主催のウィーン会議が 開かれた時
宰相メッテルニヒ公が

同家の料理人エドワードザッハ

「今まで誰も口にしたことがない様な 素晴らしいものを作れ」

と命じたんですねぇ~(´▽`)

ザッハは 素晴らしい料理のデザート として
チョコレートケーキを 作りました。

コレを食べた 各国の代表が 超~好評大絶賛!!!

後に ザッハは独立し
オペラ座の前にホテルザッハを開業するんでありますね。

そして この時のチョコレートケーキは
ザッハの名にちなんでザッハトルテ

として売られ
その名声は 日々高まっていったのですが(´Д`|||)

ところが・・・
同じ街にデメルと言う菓子店がありまして(-ω-;)

そろそろ・・・おわかりですね?(笑)

ザッハトルテをパクって売り始めたんですョ!

ところが これには事情がありまして
ザッハの息子と デメルの娘は 婚姻関係にありました。
んで 極秘のレシピを 息子が 嫁に垂れ流しってなワケで(爆)

もめに もめた ワケですョヽ( ´¬`)ノ

長い いざこざの末 裁判になりまして
9年もの歳月の末
ホテル側 ザッハが 勝利の判決を受け

デメルは ザッハトルテを 売ることが 出来なくなりました。
名前を 変えて売ってたんですが(笑)

ところが( ゚Д゚)!

民衆が支持したのはデメル

味ではデメルが勝っていたんでしょうか

と まぁ これが 甘い戦争と言われる
ザッハトルテ戦争なワケであります。


現在では
ホテルザッハもデメルも争うことなく
どちらもザッハトルテの本家として大繁盛


アタシはデメルを愛してやまない派であります(`д´ )ゞ ケイレイ!!!
チョコレートは微妙だけど
ザッハならデメル!

demeru03.jpg

demeru.jpg

demeru02.jpg

ちなみに
ザッハトルテのコーティング

あれはチョコレートではないんですョ


正式には
ショコラーデ・コンセルヴェ・グラズール

Chocolade-Konserve-Glasur


実は チョコレートアイシングなのであります(´ε` )

ちなみに分量は

砂糖400㌘ ココア40㌘ 水140cc

108℃まで 煮詰め 練り合わせたモノ

もちっと 技法が要りますが(笑)

正式レシピは またの機会に紹介しますョ!


あ~とっ なんだ・・・その いただきまぁ~す(´ε` )
demru04.jpg

ザッハには純度の高い生クリームを添えてョ!
isopan兄貴(´ε` ) ごちそう様であります☆
スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。